Security セキュリティ

安全と安心に満ちた暮らしのために

トリプルセキュリティ

セキュリティゾーン概念図

セキュリティゾーン概念図

  • 車入口
  • 車出口

多重なセキュリティゾーンを設け、
マンション全体で暮らしをガード

0.5次セキュリティゾーン
敷地と一般道路、隣地との境界の明確化により、本マンションの領域性がゆるやかに確保されており、侵入抑制に役立っています。
1次セキュリティゾーン
「エントランスホール」に1次セキュリティとしてオートロック操作盤が設置されています。
2次セキュリティゾーン
「エレベーター・1F共用廊下」にも1次セキュリティと同様に2次セキュリティとしてオートロック操作盤が設置されています。
3次セキュリティゾーン
住戸玄関にはCP認定の玄関ドアが採用されています。

3種のガードで、安心をしっかり守る
<トリプルセキュリティ>

トリプルセキュリティ概念図

※SW-I type前のエレベーターはセキュリティ内のため、オートロック操作はございません。

「Brillia ときわ台 ソライエレジデンス」では、トリプルセキュリティゾーンが設定されています。
マンション敷地内から建物共用部、住戸内に至るまで専有部に近づくほど強化される防犯対策が実施されており、共用部、専有部ともに大きな安心につつまれた安らぎの日々をもたらします。

24時間365日対応のALSOKセキュリティ

ALSOKセキュリティイメージ図 ALSOKセキュリティ概念図

万一の警報発生時には警備会社が確認や出動などの対応を迅速に行います。
※掲載の概念図、イラスト、参考写真、実際とは多少異なります。

専有部セキュリティ

CP認定付玄関ドア

CP認定付玄関ドア

1

2

3

3

4

4

5

5

1防犯センサー

防犯センサー

防犯セット時に不審者がドアを開けようとすると警報を発し警備会社に通報。

2ドアアイカバー

サドアアイカバー

玄関ドアのスコープは蓋付きのため室内の明かりが漏れることなく安心です。

3ダブルロック

ダブルロック

玄関ドアは、シリンダーを上下に設けたダブルロック方式が採用されています。

4防犯サムターン

防犯サムターン

サムターン回しなどの不正解錠に対応するため、防犯サムターンが装備されています。

5鎌デッド錠

鎌デッド錠

バールなどの玄関ドアのこじ開けに対し高い防犯性能を発揮します。

建物への侵入犯罪の防止を図るため、平成14年11月に「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」が発足。
平成15年10月には試験基準が決定され、平成16年4月1日に警視庁より目録が公開された防犯性能が高い建物部品「防犯建設部品」にのみ、CPマークの表示が認められます。

面格子

面格子

共用廊下に面した窓には防犯性能を高め採光・通風を確保する面格子が採用されています。

ラクセス

ラクセス

鍵をポケットやカバンに入れたまま扉※1に近づくだけで、自動解錠します。

TVモニター付インターフォン

TVモニター付インターフォン

オートロック操作盤と玄関前の来訪者を音声と映像で確認できるカラーモニター付。

防犯セット錠

防犯セット錠

ディンプルシリンダーキー

ディンプルシリンダーキー

※1:1階エントランス、1階共用廊下入口、駐車場(道路側入口)のみとなります。

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。